社会福祉法人小杉福祉会 行動計画

女性職員の多い職場なので、女性が働きやすく、活躍できる雇用環境を整えるために、次のような行動計画を策定する。

1.計画期間  令和2年4月1日から令和4年3月31日

2.課題    女性職員の離職理由が、育児・介護が多いのが現実である。

3.目標

①セクシャルハラスメント関係のセミナー開催や説明会を行う

 年1回~2回

②男性職員の育児休業取得率を20%以上とする

4.取組内容  令和2年4月から

・ハラスメント防止に関するセミナー、説明会の開催

・パパママ育休プラス制度の説明

・勤務シフトの見直し(育児・介護)

 

1.計画期間  令和2年4月1日から令和4年3月31日

2.課  題  職員が子育てに関われるように次の行動計画を策定する。

3.内  容

目標1 男性職員の育児休暇の取得(20%以上)

対 策 パパママ育休プラス制度の説明    令和2年10月頃

目標2 年次有給休暇の取得促進

対 策 年次有給休暇取得の現状を把握し、各部署である程度
計画をして取得できるようにする。  令和2年10月頃
連続休暇が取得できるよう、業務内容等を再確認する。
令和3年1月~

目標3 子育てが落ち着いた時の再雇用

対 策 子育てとの両立を考え、働ける時間を確認し短時間からの勤務ができる体制つくり。      令和2年11月~