法人の概要:法人の取り組み

社会福祉法人小杉福祉会 行動計画

女性職員の多い職場なので、女性が働きやすく、活躍できる雇用環境を整えるために、次のような行動計画を策定する。

1.計画期間
令和4年4月1日から令和6年3月31日
2.課題
女性職員の離職理由が、育児・介護が多いのが現実である。
コロナ禍の中、柔軟な働き方を見つける。
3.目標
①男性職員の育児休業取得率を20%以上とする
②フレックスタイム、在宅勤務の活用
4.取組内容
令和4年4月から
・勤務シフトの見直し(育児・介護)
・男性の育児休業について
1.計画期間
令和4年4月1日から令和6年3月31日
2.課  題
職員が子育てに関われるように次の行動計画を策定する。
3.内  容
目標1 男性職員の育児休暇の取得
対 策 パパママ育児制度について
目標2 年次有給休暇の取得促進
対 策 年次有給休暇の現状を把握し、各部署である程度計画して取得できるようにする。
目標3 子育てが落ち着いた時の再雇用
対 策 子育てとの両立を考え、働ける時間を確認し短時間からの勤務ができる体制つくり。
令和2年11月~
目標4 育児休業・出生時休業の取得
対 策 仕事と家庭を両立できるような体制づくり。

処遇改善の取り組み

社会福祉法人小杉福祉会では、「介護職員処遇改善加算・介護職員等特定処遇加算」を算定し、介護職員等の処遇を改善するため、以下の取り組みを行っています。

1.資質の向上
法人内での研修
接遇研修、身体拘束廃止に関する研修、感染症研修、救命救急研修、認知症ケア研修、口腔ケア研修等
職員の外部研修
勤務年数に応じた外部研修
新規採用職員研修
法人内での新任職員研修、事業所外での新任研修
基本介護技術評価票、期末評価票の導入
2.労働環境・処遇の改善
  • 働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援
  • 職員の腰痛対策を含む負担軽減のためのリフト等の介護機器の導入
  • 健康診断・ストレスチェック等の健康面強化
  • 職員休憩室等の整備
  • 勤務状況等を勘案し、非常勤職員から常勤職員への転換
  • 有給休暇等の取得推進
  • 月1回の、ノー残業デイの推進

法人の概要一覧に戻る