保育理念

 

 

 

『三つ子の魂、百迄も』の言葉のように、
乳幼児期は人間としての基礎が出来る大切な時期です。

子どもが自ら育とうとする力を援助し、一人ひとりの子どもが
その子らしく、心豊かに育つことを願い、家庭と補い合って
最善を尽くし保育します。