一般事業主行動計画


職員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての職員がその能力を十分に発揮できるように、次の行動計画を策定する。

1、計画期間  

   平成29年4月1日から平成32年3月31日までの3年間

2、内  容

   目標1  男性の子育て目的の休暇の取得促進

   対策   男性も育児休業を取得できることを周知するため

        各施設長を対象とした研修の実施

   目標2  出産や子育てによる退職者について再雇用の実施

   対策   希望があれば、雇用する。

   目標3  所定外労働の削減のための措置の実施

   対策   平成29年4月より、各施設で、ノー残業デーを明確する。

        まずは、月に1回から実施。最終的には週1回とする。

   目標4  子どもが保護者である職員の働いているところを実際に見ることができる「子ども参観日」の実施

   対策   施設で行われる行事に、参加する体制をとる。

   目標5  若年者に対するインターンシップ等の就労体験機会の提供、

        トライアル雇用等を通じた雇入れ、適正な募集・採用機会の

        確保その他雇用管理の改善又は職業訓練の推進

   対策   ハローワークや富山県福祉・人材センター等への求人票の提出、希望者の就労体験等受入

女性の活躍に関する情報

女性が働きやすく、活躍できる雇用環境を整えるために、次のような行動計画を策定する。

1、計画期間  平成30年4月1日~平成32年3月31日

2、課題    女性職員の多い職場で、女性職員の離職理由として、育児・介護がある。

3、目標    女性の離職を減らし、男女共に勤続年数を11年以上とする。

4、取組内容  平成30年4月から 

職員会議等で情報発信し周知

育児・介護に対してのヒアリングを行う

平成31年4月から 

          育児短時間制度の充実

          介護短時間制度の充実

          勤務シフトの見直し(育児・介護)